ドールスタンドの設計・製作・販売

 

 

ホームアクリルベースの三脚取付け

  アクリルベーススタンドの三脚への取り付けについて

以前セレンズではアクリルベーススタンドは、標準では三脚への取り付けはできませんでした。理由は、もともとアクリルベーススタンドはディスプレイ時に目立たないスタンドが欲しい、というご要望から製作されたのが始まりだからです。こういった理由から、見た目を重視するというコンセプトがありましたので、ベース(台座)中央に三脚への取付けのためのタップ穴が開くのは見た目が悪くなるため、特に依頼があった場合以外は穴はあけませんでした。

しかし、最近では屋外撮影をされているお客様がアクリルベースに三脚取り付け穴を開けて欲しいというお話が時々ございます。
実際にアクリルベーススタンドを三脚に取付けてお使いになられているお客様のご意見では、アクリルベーススタンドは軽いし、かさばらないので持ち歩くのに便利だ、というご意見をお聞きしました。そういった経緯があり、現在ではご注文時に「三脚取付用ネジ穴加工あり」を選択していただければご購入が可能になっております。

以下にアクリルベーススタンドの三脚への取付を紹介いたします。ご購入時の参考にご覧ください。

          ベース(台座)中央に三脚取付け穴があります。
   
 


                    ベース部の拡大です。         
    
 



                    裏側からです。
   
 



                     三脚に取り付けた状態です。
   

 


                 三脚のネジに取付けるところです。
   

 

 

               ネジを締めて取付が完了した状態です。     
   

 


                  ドールを立たせた状態です
   

 



                     足元の拡大です。
   



    ※アクリルベースは木製ベースに比べて摩擦係数が低いため、若干滑りやすく
      なります。三脚にスタンドを取付けてドールを立たせる場合は、安全を考えて
      透明な釣り糸でドールの足とスタンド支柱を縛る等、対策してください。
    ※スタンドの取扱説明書にも記載しましたが、スタンドの三脚への取付けは、
      お客様自身の自己責任でお願いします。万一事故があった場合にセレンズ
      ではスタンド以外のドールや物に対して補償はできません。


     

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス